2017年8月11日金曜日

佐とう

偶に行くなら、お寛ぎシリーズ。

籠原に和食のお店が出来ていた。


ランチはコースになっている。
旬の食材を使用した料理が楽しめる。

「春キャベツの白掛け」


「浅利と新生姜しんじょう」


「本日のお造り エビ」


「黒毛和牛」


お弁当
二段になっており、蓋をあけると鮮やかな彩が目に入る。

焼き物「メカジキ 山椒焼き」「出し巻き玉子」「たけのこ金平」
お浸し「水菜と占地」
煮物 「炊き合わせ」
揚げ物「つみれ」「さつまあげ」「スナップエンドウ」
壺々 「ネギ味噌」
猪口 「じゃこピーマン」


ご飯・味噌汁・香の物を一緒に頂き、

最後にデザートになります。


「バナナムース・カステラ・フルーツ」



個室もあり、落ち着いた食事ができます。
ゆっくりと寛ぎたい時に行きたいお店ですね。



2017年8月9日水曜日

志功 SHIKO

熊谷にある、落ち着きあるお店。
偶に行くならお寛ぎ。

コースのみの設定になります。
金額によって差異があります。

月によってメニューが変わり、季節のものが楽しめます。

「長芋のそうめん」


「鮎の唐揚げと蒸しアワビ」


「芝エビ入りさつま揚げとすりながし」


「お造り」鰹のたたき


「炊き込みご飯」


「プリン」


ゆっくりと時間を楽しむ大人のお店です。

2017年8月8日火曜日

ギャラリーカフェ番匠

川を見ながらのんびり寛ぎタイム。


木造で存在感がある建物だ。


メニューはピザに焼きそば、ドリアのセットなどがある。
ドリンク中心のメニューかもしれないな。





のんびりと寛げる雰囲気は、ときがわならではかも。

2017年8月6日日曜日

ピナアンティーナ

緑色の屋根が目を引く、そんな建物に吸い込まれ
辿り着いた入り口はイタリアン。

そんなお店がピアンティーナだ。



パスタ・ピッツァなどがメインである。
季節限定のメニューもあるのでチェックが必要だ。

カボチャクリームのパスタは季節限定だったな。


ナポリタンも勿論ある。


パフェもリーズナブルな価格で食べられる。



何を食べても美味しい。
色々と試してみたい、そんなお店である。

安くて美味しくてお腹いっぱい。

2017年8月4日金曜日

ヒドリ食堂

民家を改装したようなお店が見える。

古民家のようなこの入口を入ってみる。



店内はカウンター席とテーブル席があり、本が至る所に置いてある。
色々なジャンルの本があり、眺めるだけでも楽しめる。

メニューはパスタ、カレーなどの洋食メニューが並ぶ。


ランチセットのサラダとスープ。



パスタもお洒落だ。



ひき肉のカレー


アイスもありますよ。


夜は飲み屋ライクでやっているようです。
ベルギービールも充実しています。

お酒が好きなご夫婦が仲良く経営されている、そんなお店でした。


2017年7月12日水曜日

楽蔵

秩父の街中でひっそりと交差点に看板が見える。
ここは食べ物やかな?

お腹がすいたお昼時、ちょうど良い。
早速と入店することに。


テーブル席と座敷席があり、どちらもゆっくり寛げる。
二八蕎麦と天丼セットを選び、
待つ事数分でやってきたのが、こちら。




細切り蕎麦の二八。
天丼は野菜天で茄子が美味しい。

ボリュームもあり、お腹も一杯に。

女性店主が一人で切り盛りしていたな。
次回は何を食べようかね。

2017年7月10日月曜日

丸信

釜伏峠からきりしま方面に下って来た時、
あるお店が目に留まった。こんなところにお店は依然なかったな・・。

なので早速寄ってみることにした。


どうやら喫茶のようだ。
お店を覗くとレトロな雰囲気と駄菓子で溢れていた。

どうやら駄菓子屋さんのようだ。
隣にカフェスペースを併設している感じである。

以前は旧秩父橋の付近でお店を開いていたらしい。

店内はレトロ感満載。


うどんやドリンクなどの軽食が録れる摂れる。


コーヒーを飲んで一休み。


のんびりと駄菓子でも食べながらしたいものです。


2017年7月9日日曜日

ホルモン大学

ローカルチェーンなのか、のれん分けなのか、フランチャイズなのか良くわからないが、
昔からそこにある煙モクモク系のホルモン屋といえば、
ホルモン大学である。

いつでも入学と卒業が出来るのがこの店の特徴だ(嘘)

肉を好きに盛り合わせて注文しても、低価格に収まるのがこのお店の売りである。
安いのである。

なので狭い駐車スペースには車が一杯に止まっている事が多い。
地元民で人気のお店なのだ。

野菜スープやクッパ、ビビンバなどは締めの定番である。
たらふく食った後に注文をするのが通である。


こうしていつも食べきれない食材の山が出来てしまうのである。
手分けして食べるのが大変なのである。

持ち帰りは胃袋で!がモットーである、
マイナーズ憩いの場でもある。


2017年7月8日土曜日

和幸

街には隠れた定食屋が幾つかあるものである。
その一つが和幸である。とんかつ屋ではないのでご注意を。

深谷の南大通りを走っていると、看板が目に入る。
少し奥まった場所にお店はある。

店内はカウンター席と座敷席があり、昼時にもなると常連で一杯になる事もしばしば。

定番の餃子を注文し、小腹を満たすと、



白子入り麻婆豆腐を注文する。
とろみと辛みでご飯がすすむ。



麺類なども豊富にあったので試してみたい。

2017年7月5日水曜日

林ホルモン

深谷でホルモンの老舗的存在と言えば、林ホルモンである。
安くて美味い、それ故、混雑をするという人気店ならでは構図が出来上がる。

お店の雰囲気は、家族でというよりは、おっさんたちがワイワイやるのが
似合うお店である。

そんな煙に巻かれたようなお店を紹介しよう。

一皿300円で並ぶメニューは味わい深い。

後は好きなだけ頼んでガンガン食べるのみである。


満腹中枢を刺激せよ!
お店の佇まいも併せて味わい深い、そんなホルモンがある。